こんな症状があれば
ご相談ください
  • * 乳房・わきの下にしこりを触れる
  • * 乳房が赤く腫れている
  • * 乳房の皮膚にへこみやひきつれがある
  • * 乳首から分泌液が出る
  • * 乳房に痛みがある
※はっきりとしない小さな変化でも、
不安をかかえこまず遠慮なくご相談ください。

乳腺診療について

乳腺診療で一番心配なのは、やはり「乳がん」かと思います。ただ乳房に症状(例えばしこりがある・分泌物がでるなど)があっても、その多くは良性の乳腺疾患です。一番多い良性の乳腺疾患は線維腺腫、乳腺症です。
一人で不安を抱え込まずに気軽に大谷しょういちろう乳腺クリニックを受診してください。
他の良性疾患もYouTubeで解説しています。また、乳がんに関してもYouTubeで解説しています。ご覧いただければ幸いです。

精密検査について

乳がん検診で『要精査』と診断された場合は、基本的に超音波検査(エコー)とマンモグラフィーを行います。超音波検査・マンモグラフィーで異常を認めた場合は、細胞診や組織診を施行し、その「しこり」などが何であるか調べる場合もあります。
検診で『要精査』と診断されても必ずしも乳がんとは限りません。もし、乳がんの場合でも早期診断が大切になります。一人で不安を抱え込まずに気軽に大谷しょういちろう乳腺クリニックを受診してください。
精密検査について、それぞれYouTubeで解説しています。ご覧いただければ幸いです。

乳がん術後ファローアップについて

乳がんは、少なくとも10年間はファローアップが必要とされています。術後ホルモン療法の内服期間に関しても乳がんの進み具合(stageなど)にもよりますが、5年間内服より10年間内服がより再発リスク下げるという臨床試験結果が多く発表されています。私は乳腺外科医になって乳がん術後10年を無事経過した患者さんを350人以上診察させて頂きました。大谷しょういちろう乳腺クリニックでは広島市民病院では十分に出来なかった、より細かな術後フォローアップも大切な役割と考えています。乳がんの患者さんが快適で幸せな術後生活が出来るようにサポートしていきたいと考えています。
乳がんの術後ホルモン療法、化学療法(抗がん剤)、分子標的薬剤に関してもYouTubeで解説しています。ご覧いただければ幸いです。

セカンドオピニオンについて

他医療機関にて説明を受けた診断、治療方針について疑問や質問に対しての意見を今後の治療選択に役立てていただくことが目的です。そのため、セカンドオピニオンでは、検査や治療行為は行いません。
ご希望の方は、お電話にて予約をお願いします。

※完全予約制、自費診療です。

※オンラインでのセカンドオピニオンもお受けします。お電話にて予約・確認をお願いします。

相談料金
  • ●30分 11,000円(税込)
  • ●以降30分毎に5,500円(税込)の追加となります。
セカンドオピニオンで必要なもの
  • ●紹介状
  • ●検査結果の資料(病理診断・画像診断・画像データ・血液検査データ等)
診療時間
午前診察 9:00~13:00
午後診察 15:00~18:00(土曜日14:00~16:00)

⽊曜⽇・⽇曜⽇・祝⽇は休診