乳がん術後ファローアップについて

乳がんは、少なくとも10年間はファローアップが必要とされています。術後ホルモン療法の内服期間に関しても乳がんの進み具合(stageなど)にもよりますが、5年間内服より10年間内服がより再発リスク下げるという臨床試験結果が多く発表されています。私は乳腺外科医になって乳がん術後10年を無事経過した患者さんを350人以上診察させて頂きました。大谷しょういちろう乳腺クリニックでは広島市民病院では十分に出来なかった、より細かな術後フォローアップも大切な役割と考えています。乳がんの患者さんが快適で幸せな術後生活が出来るようにサポートしていきたいと考えています。
乳がんの術後ホルモン療法、化学療法(抗がん剤)、分子標的薬剤に関してもYouTubeで解説しています。ご覧いただければ幸いです。

診療時間
午前診察 9:00~13:00
午後診察 15:00~18:00(土曜日14:00~16:00)

⽊曜⽇・⽇曜⽇・祝⽇は休診